Shinfield

マンガマーケティングのシンフィールドへ
マンガ小冊子 / システム・ツール 女性向け 男性向け 20代 30代 40代 BtoB 商品・サービス説明

0003

サイボウズ株式会社 様
  • ぼうず庵の新商品「はんなり饅頭」のCMを出すなんて聞いてないと騒ぎになっている様子。
  • ぼうず庵の「はんなり饅頭」を取り扱う会社の中に株式会社嵐山と株式会社京セレクトも含まれていた。二社はライバル会社。
  • 子lれから忙しくなるがよろしくとサポート部門のエースにお願いするが、おめでたで抜けてしまう。
  • さっそくこれまでにないくらいの注文メールが殺到。その時に「メールワイズ」を勧められる。
  • 一方、京セレクト社。
はシステムを開発すれば莫大なお金がかかるとメールワイズを見送ってします。
  • 共通アカウントを使って個人のメアド宛全員に転送しているため、同じ問い合わせに別々の人が異なる回答をしてしまった二重対応をしてしまう。
  • 全ての問い合わせメールがメールワイズに受信され、個人のメアド宛に転送されることなく全員共通で見ることができて便利。
  • 大量の問い合わせが続いて受け渡しが上手くいかなければ対応されないまま残ってしまうメールが発生するかもしれない。
  • メールワイズなら、一つのメールボックスをサポート部門全員が共有しながら対応できるから漏れることはない。割り振りも可能。
  • お客様に対してのメールの文面に統一感がなくてバラバラ。品質に差ができてしまっている。
  • メールワイズならお手本となるメール文面がテンプレート化されているから一定レベルのメール文面を誰でも作成できるようになっている
。
  • メールを一斉送信したことによって、クレームが増えさらに業務が増えてしまった。
  • メール一斉配信機能を利用することによって、CC、BCCの設定間違いが起こらずに安心。
  • メール対応が上手くいかず、問題が山積みになってしまう。何とか手を打たないとライバル会社に負けてしまう。そこに嵐山の責任者が現れる。
  • Webブラウザで閲覧できる一つのメールボックスを全員で共有して使うから集中管理できる。しかもPCが壊れても情報はすべてメールワイズ上にあるからPCの入れ替えや担当者の切り替えを行っても簡単に引き継がれる。
  • 饅頭屋さんに売り上げの好調を聞く。メールワイズのおかげでお互いの会社も円満に。

お問い合わせはこちら